歯科衛生士の仕事

歯医者に行くと、必ずと言っていいほど、歯科衛生士が対応してくれます。歯科衛生士の仕事は主に、歯科医師の診療アシスタントとしての役割を担っています。専門学校などで、一定の専門教育を受け、国家資格を持つ専門職です。仕事は診療アシスタント以外にも、専門的な知識を活かして、むし歯や歯周病予防などの指導を行います。忙しい歯科医師が治療に専念でき、多くの患者さんを待たせない為、歯科医師に変わって指導を行います。指導内容は大きく分けて3つあります。まず1つ目は“歯科予防処置”があります。これは『むし歯』と『歯周病』の二大疾患の予防を行います。フッ素の添付や歯垢・歯石除去などを行います。特にフッ素は以前より注目されており、むし歯予防には欠かせないものです。因みに、過剰摂取は健康を害するので、自身でフッ素添付をする場合は用法・容量を守って正しく使いましょう。2つ目は『歯科診療補助』です。患者に危険を及ぼすような、医療行為はせず、歯科医師の指示に従いながら医療行為をサポートします。歯科医師が指示を出す範囲は、歯科衛生士のキャリアや能力、勤務場所によっても異なります。3つ目は『歯科保険指導』です。これは、むし歯予防の為の歯磨き指導です。子どもから高齢者まで幅広い年齢層対象とし、正しい歯磨き指導を行います。また、妊婦や生活習慣病などの人を対象に、体の状態に合わせたむし歯・歯周病予防に関する指導を行います。近年、むし歯や歯周病に関しては、日頃の予防策の重要性を呼びかけていました。今後も、歯科衛生士の予防指導は、私たちの口腔内の健康維持に、大きな役割をしてくれます。

 

[求人関連サイト]
歯科衛生士など歯科医院に関わる専門の求人情報サイトです・・・歯科衛生士 求人